バザーの戦利品

b0347584_09395618.jpg
子供たちが通ってきた幼稚園では毎年お祭りと一緒にバザーが行われる。
その品々は各家庭から5千円以上の未使用品を寄付して成り立っているのだが、我が家も毎年その寄付を9年間(兄弟3人分)やってきた。
そして今年が最後。
例年僕はヤキソバ焼き係を率先してやってきたのだが、今回は妻が終日バザーの当番になったので僕は次男の引率をすることになった。
ボール投げや輪投げ、宝釣りにスーパーボール釣りなど子供たちが楽しめる遊びが目白押し。
そんな中僕が少し楽しみにしていたのはバザーだった。
何かが欲しかったわけではないが、9年間も品々を寄付し続けてきただけで、他の人がどのようなものを寄付しているのか全く知らない。
昨年次男はラジコンカーを買っていたのでオモチャもあるらしい。
そこで会場に着くなりバザーをのぞいてみることにした。

予想通りというか9年間我が家が寄付してきたようなバスタオルとかタオルケットといったものが一山あった。
そんな中気になったものが数点あった。

銅製のおろし器に曲わっぱのお盆、そしてストゥーブのココット。
迷いに迷って銅製のおろし器だけ購入(2,400円)した。
我が家にはとても使いやすいプラスチック製のおろし器があるのだが、何ともこのおろし器で大根をおろしたら美味そうだったからだ。
しかも格安!

残りは第二部(一旦閉めて売れ残りを半額で販売)でもう一度覗いてみることにして、それまでの間ゲームをしたり食事をしたりと二男が予定していたことをすべてこなしていった。

そして第二部が始まった。

曲わっぱのお盆は売れてしまったが、ココットは売れ残っていた。
撮影小物としても使えそうだし何より1、000円ちょっとだったのでためらいもなく購入した。

おろし器とストゥーブのココット二つで4千円しなかった。
なんとも得したような気になって家に帰った。

すると妻は妻でうすはりのグラスと漆塗りの菓子鉢を合わせて700円で購入していた。

なんともお得な幼稚園のバザー。

9年間も通っていて9年目にそのことに気づくなんて・・・


by three-charr | 2015-07-14 10:12 | 道具


photographer          岡村享則の日記


by three-charr

カテゴリ

works
food
こどもとあそぶ
flyfishing
道具

フォロー中のブログ

その他のジャンル