ビーフシチューの出来は・・・?


b0347584_16254294.jpg
「ぱぱ~、おいしい」と言ったはずの次男の箸が止まった・・・

「あれれ?」

牛肉と野菜と赤ワインを二日間煮込んでこした自慢のドミグラスソース。
手前味噌ではあるが結構本格的な味に仕上がった様な気がしていたのだが・・・

「あのさ~いっしょうけんめいつくっていたからおいしんだけど、ちょっとにがいの」

そういう次男はデパートで買ってきたローストビーフとタコのバジルサラダばかり食べている。

なるほど~確かに幼稚園生にはにがく感じてしまうのか~
長男長女はお店で食べるみたな味がすると喜んでくれたので、まあ良しとしよう。

今回はこしたデミグラスソースにマッシュルームを足して更に煮込み、最後に小麦粉をまぶして焼いたステーキ肉をドカドカと入れて圧力鍋で15分加熱して完成。

圧力なべを使うことで、肉が柔らかくなり箸でも楽に食べられる。
付け合せにマッシュポテトとニンジンのグラッセ、クレソンとそれに生のフェットチーニ。

ここのところ誕生日などイベントの度にビーフシチューを作っていたので、流石に子供たちはそろそろ飽きてきてきちゃったかな?

しかし、ビーフシチューはじっくりと腰を据えて作る楽しさがある。
野菜をこれでもかとい炒めてから肉と一緒にコトコトと煮る作業はこの上なく楽しい。

今度は何を作ろうかな~








by three-charr | 2015-12-27 16:46 | food


photographer          岡村享則の日記


by three-charr

カテゴリ

works
food
こどもとあそぶ
flyfishing
道具

フォロー中のブログ

その他のジャンル