カテゴリ:works( 45 )

今月の魚顔恋図

b0347584_09482018.jpg

今月の魚顔恋図のモデルさんはハス
ケタバスとも呼ばれているコイ科の魚だ
しかし、あまり目にすることがない為なじみの魚ではない
基本的に琵琶湖や三方五胡水系に生息していたものが、
アユなどの移植によって関東にもたらされたもののようなのだ
比較的簡単に見ることができるのは河口湖
そして写真のハスを釣ったのも河口湖
7~8月頃行くと泳いでいる姿が比較的見やすい

とにかくこのハスという魚
横から見ると口が完全なヘの字口をしているから面白い
なんとも機嫌の悪そうなヘの字口

正面からはちょっとわかりにくいけど、変な口の形は十分わかるかな?



by three-charr | 2016-09-12 09:56 | works

今月の魚顔恋図

b0347584_10485054.jpg

今月(といってもすでに次回の初校が上がっている段階ではあるのだが・・・)
の魚顔恋図のモデルさんはサバ
食卓では味噌煮や〆サバなどで人気のサバ
フライフィッシングではかなり条件がそろわないと釣るのは難しいのだが
その条件さえそろえばだれでも簡単に釣れちゃったりして・・・?
そんなサバ、近いところでは川崎の公園でも釣れちゃったりする。
写真のサバは東京だけれど、ちょっと遠めの東京のサバ。
出張先で釣ったものだから、すべてリリースしちゃったけど
サバならやはり美味しくいただきたいものだ。



by three-charr | 2016-08-18 10:57 | works

ティムコ社の広告写真

b0347584_11073076.jpg


ティムコ社の広告写真をここ数年撮っている
僕はフライフィッシングに目がないので、ロケ中にそわそわすることしばしば
魚が掛かろうものならもう大変だ!

「頼むから釣りをさせてくれ・・・」

子供の頃、釣り具メーカーのカタログを穴が開くくらいじっくりと眺めていたっけか
昨今の子供達でそんな子が果たしているのだろうか?
釣り場環境も大分変ってきてるだろうし・・・

川には「遊ぶな危険」の看板
今もあるのかな?
完全に無視して遊んでいたっけ・・・

子供たちがワクワクするような写真が撮りたい






by three-charr | 2016-06-28 11:25 | works

クチーナキッチンものがたり

b0347584_11001323.jpg

キッチンジャーナリスト本間美紀さんと一緒にすすめてきたクチーナさんのキッチン撮影が一つのかたちとなりました。
「CUCINA IS CUCINA/クチーナキッチンものがたり」
2012年から撮影を始めたので、今年で5年目。
キッチンを見ていて思うのは、同じブランドでも全く異なった形でそれぞれの家にマッチしていることです。
家の中で住む人の個性が一番出てくるのがキッチンなのかもしれません。

今回の撮影は実際に使っているお施主さんを入れて撮影しているので、キッチンがとても生き生きとしています。
キッチンのリアリズム、面白いな~


by three-charr | 2016-06-24 11:19 | works

今月の魚顔恋図は

b0347584_11174926.jpg
今月の魚顔恋図のモデルさんはニホンナマズ
道路の標識などでお馴染みの魚だが、実際に本物を見たことのある人は意外に少ないのではないだろうか?
写真のナマズは多摩川に流れれ込む支流で釣ったもの
意外とすぐそこの川に生息しているのだが、夜行性の為お目にかかることは稀だ
そんなナマズは今日みたいな雨で増水した時に釣れることが多い

ジトジトと湿度が高くて嫌になっちゃうけど、釣るならこんな日がきっと良いのだろうな~

でもカッパきてジトジトするのはやっぱ嫌だな・・・

そんなときはおとなしく家で紅茶でも飲みながら本でも読みふけろうか?

とにかく梅雨はジトジトで嫌だな~


by three-charr | 2016-06-23 11:28 | works

Our Home

b0347584_08513788.jpg

届いてビックリ!
オレンジページのムック本「Our Home」の撮影を何件かさせていただいたのですが、なんと表紙に僕の撮った写真が採用されていた!
普段インテリアの撮影をする時はシフトレンズと三脚使ってビシッと撮るのだが、この一枚は手持ちでカシャカシャ~
いつも感じることだけれど三脚を使うと微妙な空気感を写し込むのが難しいけど、手持ちだととても自然に空気感を取り込むことができる。
今回のムック本はいつもお世話になっているキッチンジャーナリスト本間美紀さんによるもの。
タイトルの「Our Home」も世相を映しだしていてとっても素敵だ。
後は我が家もいつかは「Our Home」を!なんて思いたいのだが・・・

「Our Home」好評発売中です!


by three-charr | 2016-06-10 09:04 | works

今月の魚顔恋図は

b0347584_09275965.jpg

今月の魚顔恋図のモデルさんはアイナメ。

「フライフィッシングでアイナメ~?」
なんて思う方がいれば、それはそこそこフライフィッシングを知っている人のことであろう。

そもそもアイナメという魚自体、一般の家庭の食卓に上がることはめったにない。

僕が生まれ育った北海道ではアイナメのことをアブラコと呼んでいた。
子供のころよく海釣りに連れて行ってもらったことから、我が家ではアブラコはよく知っている魚だった。

東京湾でも昔は大きいのが釣れたということだが、僕は10数年前に一度だけ若洲海浜公園でCD7というルアーで釣ったのが、後にも先にもそれが東京湾で釣れたただ一匹のアイナメだ。

写真のアイナメは福島県小名浜の沖堤防で釣ったもの。

一度も食べたことはないけれど、きっと食べたらおいしいのかもしれない。
それはそれは立派なアイナメが釣れるのだ。

今が旬ということもあって、できるなら毎週行きたいくらいなのだが・・・


by three-charr | 2016-06-02 09:42 | works

今月の魚顔恋図は


b0347584_09112437.jpg
昨年から行き始めた中禅寺湖
それはどうしてもレイクトラウトの写真が撮りたかったからだ
しかし、昨年はアタリすらなかった
そして今年・・・
最初の釣行でなんと2匹も釣れてしまった

「ここでしか釣ることのできない魚」

なんて貴重なんだろう
怪獣みたいな顔しているし

釣り味はともかく、貴重な魚なので今回は丁寧に撮影した
ザブザブの波が押し寄せる中で
何度もカメラに波かぶりながら・・・

う~む、大満足!

by three-charr | 2016-05-12 09:19 | works

今月の魚顔恋図

b0347584_08530972.jpg
今月の魚顔恋図のモデルさんはイワナ君。
フライフィッシングではきっと1~2位を争う人気魚種だろう。

僕も渓流魚の中では一番好きな魚だ。
川の最上流部にひっそりと住んでいるところが、何とも僕の小さな冒険心を掻き立てられ、毎度山梨の渓に足を運んでいる次第だ。
しかし、そんな大好きな渓流フィッシングもなにやら随分とご無沙汰気味。
子供が3人もいると休みの日といえど何かと野暮用が発生してしまい、中々思うように釣りには行けない。

私事ではあるが、今日から一番下の次男が小学校に上がる。

寂しさ反面、嬉しさ・・・?

by three-charr | 2016-04-06 09:03 | works

八角形の木の家

b0347584_10082766.jpg
これまたアップが遅れてしまったがサライ4月号の建築家自邸特集。
上から見ると家の形が八角形と、とてもユニークな構造のお宅を撮影させていただきました。
急な斜面の傾斜を生かして建てられている為、自然との調和も素晴らしくとっても気持ちの良いお宅でした。
更には部屋と部屋との間にドアがなく、四方八方に窓がある為、なんとも解放感あふれる空間!

鳥のさえずりを聞きながら本でも読んだらきっと心地よいのだろうな~と思わせる家でした。

フライをやっていると六角形や五角形を見ると必要以上に反応してしまいがちだが、ひょっとしたら八角形もありなのかな?などとフライロッドに置き換えてしまった考えてしまった次第です。




by three-charr | 2016-03-21 10:30 | works


photographer          岡村享則の日記


by three-charr

カテゴリ

works
food
こどもとあそぶ
flyfishing
道具

フォロー中のブログ

その他のジャンル