カテゴリ:works( 45 )

今月の魚顔恋図

b0347584_09042582.jpg
今月(って言っても後数日で次号が出ちゃう・・・)の魚顔恋図はマルタウグイ。
今まさにそのシーズン真っ只中。

梅から桜に変わる今時期は海から婚姻色が強く出たマルタウグイが大挙して川に押し寄せてくる。
それは浅瀬で産卵するため川に遡上してきているのだ。
多摩川や荒川など、都会を貫く河川で繰り広げられる身近な大自然の営み。
釣りをやっていなければ知らない事かもしれない。

あ~川に行きたい・・・






by three-charr | 2016-03-19 09:16 | works

STORY

b0347584_13490310.jpg
ファッション誌「STORY」で仕事をさせていただきました。
(ちょっとアップするのが遅れてしまいましたが・・・)
デザイナーさんとその周りの素敵なインテリア、そして鏡をテーマにしたインテリアページの計10ページ。
3月号と4月号で、とても素敵な仕上がりとなっております。

フリーで仕事をしていると、ひょんなことから仕事が発生したりするから刺激的です。









by three-charr | 2016-03-18 13:58 | works

今月の魚顔恋図

b0347584_08514797.jpg
今月の魚顔恋図のモデルさんは「オイカワ」さん。

昨年初めて狙い、そして釣りあげた魚なのだが、とても身近に生息していて「昼から釣りでも・・・」などと言う時にはもってこいの魚だ。

夏の終わり頃、川一面が雨でも降ってきたかのようにピチピチと水面が騒がしい。

それは川一面を覆い尽くすオイカワの群れが水生昆虫を捕食してできる波紋なのだ。

そんな波紋の中にこれでもかと小さく巻いたフライを落とすや否や、アッというまにそのフライに喰いついてくる。

試しに次男に竿を持たせてみたのだが、意外や意外次から次へとオイカワを釣り上げる始末。

多摩川はもちろん多摩川の支流や家から比較的近い荒川水系の川にも生息していて、仕事が早く終わった日の午後には欠かせない釣りになるかもしれない。







by three-charr | 2016-02-02 09:03 | works

リノベーション

b0347584_10322065.jpg
掲載から大分経ってしまったのですが・・・

ミセス12月号リビングページの撮影でお伺いした今回のお宅。
素敵なリノベーションが施された気持ちの良い空間でした。

我が家は10数年前子供が小さな時(まだ一人小さいけど)にリフォームしたので、いたるところが痛んでみるも無残な姿に・・・

撮影の度に「あれも良いな~」「これも良いな~」なんて夢想するだけの日々が続いております。

正月休みは気合いを入れて自分でリフォームでもしてみようかな?

本棚とクローゼットに子供部屋に・・・

課題は山済みだ・・・


やれやれ


by three-charr | 2015-12-01 10:40 | works

今月の魚顔恋図は

b0347584_11021276.jpg
「ワレワレハ ・・・」なんて宇宙人みたいな声が聞こえてきそうなこの顔の持ち主・・・

正体は「メバル」だ。

スーパーでたまに見かけるものと釣れるものとでは何かちょっぴり見た目が違う。
このメバルは三浦の磯で釣れたもの。

先日福島県の小名浜で釣ったメバルはもっと白っぽかった。

ひょっとしたら住んでいる環境の色に擬態しているのかもしれない。

これから冬にかけて磯場に海藻が生い茂ってくると、フライフィッシングでも楽しむことができる。

もちろんすぐ近くの東京湾でも・・・

昨日からじわじわと寒くなってきたので、そろそろメバル釣りの準備も初めてみようかな♪






by three-charr | 2015-11-26 11:13 | works

リアルキッチン&インテリア シーズン4

b0347584_10460149.jpg
今年もキッチンジャーナリスト本間美紀さんの著書「リアルキッチン&インテリア シーズン4」が発売されました。
僕も2件のお宅を撮影させていただきました。
とても素敵なお宅で「我が家もまたリ・・・」なんて考えたくなってしまいます。

「これからキッチンを・・・」と考えておられるお方は必見です!

どうぞお見逃しなく・・・!

絶賛発売中です!



by three-charr | 2015-11-25 10:56 | works

今月の魚顔恋図

b0347584_09314302.jpg
今月のモデルはブルーギル。
近所の石神井公園でもブルーギルは釣れるが、石神井公園でフライフィッシングはできないので、こちらは久喜菖蒲公園で釣った時のもの。

本当はブラックバスを狙いに行ったんだけど・・・

どちらも世間を騒がせている特定外来生物だけれど、子供にしてみたらそんなことはあまり関係ない。

とにかく釣れれば面白いのだ。

子供と一緒に釣りが楽しめる環境があるのはとてもありがたい。


by three-charr | 2015-10-30 09:41 | works

家族部屋


b0347584_09161228.jpg
今月11月号サライの撮影で伺った建築家・葛西喫さんの自邸。

なんと母屋に大空間が「ドンっと」一部屋。

なんとも潔いというか気持ち良いというか・・・

とても開放的な空間が広がっていた。

思えば我が家も思い切って1階に1部屋、2階に1部屋とほぼ個室というものが存在しないリノベーションを敢行した為、3人いる子供達からは様々な要望が聞こえる今日この頃。

思春期を迎えた長男だけ、以前暗室に使っていた納戸を唯一の個室として明け渡したが、今後の展開がその後全く想像できない。








by three-charr | 2015-10-15 09:31 | works

今月の魚顔恋図

b0347584_10020024.jpg
今月号といっても既に半ばになってしまったけど、今月号フライフィッシャー魚顔恋図のモデルさんはクロダイ。

僕がここ何年か通っている横浜市のとある河川。
川の中をのぞくと多い時には20~30匹のクロダイが確認できる。
しかも、そのどれもが大型ときている。

いつか釣り上げてやるぞと通った結果、苦節7年目にしてようやくフライで釣り上げることがでいたのだ。

しかし、クロダイってこんなに厳つい顔しているのだろうか?

なんかワンピースに出てくる魚人みたいだ・・・




by three-charr | 2015-10-09 10:11 | works

今月の魚顔恋図はカサゴ!

b0347584_09451587.jpg
今月のフライフィッシャー誌の連載「魚顔恋図」はカサゴ君。
フライフィッシングで狙える魚としては未だに認知度が低いけれど、夏になるとフライフィッシングで面白いように釣れるのだ。
また釣れた魚の中でもフォトジェニック度が高い為、僕が最も好きな魚でもある。

普通海でフライフィッシングを楽しむ人はソルト専用タックルを使うのが多いと思うのだが、僕は現在淡水のトラウト用に設計されたロッドとリールを使っている。
それは単衣に格好良いから。
フライフィッシングをやっている人の多くがきっと思っている事だと思うのだが、フライフィッシング用の竿やリールって恰好良い。
僕の場合は性能云々よりもデザインと見た目優先で道具を選ぶことが多い。
グリップ部のコルクを削るその形一つで随分と竿の印象も変わる。

やはり趣味はとことん気に入った道具で遊ばなくちゃね♪




by three-charr | 2015-08-24 10:01 | works


photographer          岡村享則の日記


by three-charr

カテゴリ

works
food
こどもとあそぶ
flyfishing
道具

フォロー中のブログ

その他のジャンル